よくある質問

当オフィスは複雑・煩雑な年金請求をお客さまに代わって行い、年金に対するお客さまのさまざま な疑問に応えていきます。

当オフィスに関して

家まで来てもらえるんでしょうか?

お伺いさせて頂きます。(交通費は別途頂戴します。)

E-mail、電話のみの相談はできますか?

年金はその方の固有の権利であり、個人情報等の問題もございますので、対面にての ご相談となります。

社会保険労務士とは

労働社会保険の法令に精通し、年金、労務管理その他労働社会保険に関する助言・指導を行う 国家資格者です。

特定社会保険労務士とは

労働者と経営者が争いになったとき、次のADR(裁判外紛争解決)における代理人として、 裁判によらない円満解決を実現することができる社会保険労務士のことです。 「紛争解決手続代理業務」の内容 ・個別労働関係紛争について厚生労働大臣が指定する団体が行う裁判外紛争解決手続の代理 (紛争価額が60万円を超える事件は弁護士の共同受任が必要) ・個別労働関係紛争解決促進法に基づき都道府県労働局が行うあっせんの手続の代理 ・男女雇用機会均等法、育児・介護休業法及びパートタイム労働法に基づき都道府県労働局が 行う調停の手続の代理 ・個別労働関係紛争について都道府県労働委員会が行うあっせんの手続の代理 ※上記代理業務には、依頼者の紛争の相手方との和解のための交渉及び和解契約の終結の代理を 含む

年金に関して

●加入について

国民年金にはどのような人が加入するのですか?

日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の方全てが加入します。 自営業者、農業や漁業に従事 している方は国民年金の保険料を自分で納めてください。 会社などに勤め、厚生年金保険や 共済組合に加入している方は、勤め先の給料から国民年金の保険料が天引きされますので、 自分で納める必要はありません。厚生年金保険や共済組合に加入している方の扶養家族 (配偶者のみ)も、国民年金の保険料を直接納める必要はありません(国民年金の第三号被保 険者)。

●給付について

どのような方が60歳から65歳までの老齢厚生年金(特別支給の老齢厚生年金) を受けられるのですか?

以下のすべての要件を満たしている方が支給されます。 (1) 老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていること。 (2) 厚生年金保険の被保険者期間が1年以上を有すること。 (3) 男性は昭和36年、女性は昭和41年4月1日以前の生まれであること

社会保険労務士がお客様の年金手続きを代行いたします。
北海道道南地区を中心に活動する社会保険労務士が、年金事務所に出向くことが難しいお客様に代わって、お客様の委任状にもとづいて年金事務所で年金の請求手続き(裁定請求)を代行いたします。

年金事務所に出向くことが難しいお客様の年金手続きはお任せください。
例えば…

  • ・平日に年金事務所に出向くことが難しい。
  • ・だれか遺族年金の手続きを代行してほしい。
  • ・忙しくて自分で年金手続きに必要な書類をそろえる時間がない。
  • ・離婚時の年金分割の手続きを代行してほしい。

函館で年金のご相談なら函館社労士年金相談オフィスまでお問い合わせ下さい。
TEL 0138-52-7565(平日 10:00~15:00)(受付 谷口事務所)
またはお問い合わせフォームまで